矯正歯科

この時期に歯が生え変わり始めるので、アゴが適正な大きさに発達していないと歯はきれいに並ぶことができません。

保険診療

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。
しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。
冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。
このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、
以前よりも虫歯が広がっていることになるので、
さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返すことで、
最終的には削る歯もなくなり、抜歯、
そしてインプラント・入れ歯
の流れをたどることとなってしまいます。

このようなことから、「いかに歯を削る量を少なくする」かが、患者さまのお口の健康を守る私たちの使命となります。
当院では、次のことを行う事で、歯を削る量を最小限に抑える工夫をしております。

口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療を行います。虫歯の治療時には出来る限り痛みの出ない方法を選択します。麻酔を行う際にもジェル状の表面麻酔を行い、麻酔針は刺入時の摩擦を軽減するため極細のものを使用しています。
さらに麻酔時の不快な圧力痛を軽減する為に、針を刺す場所、麻酔液を入れる圧力や速度に最大限の配慮をしています。
また当院では、残せる歯を極力残し、削る量も最小限にして、出来る限り自分自身の歯で楽しい食生活を送っていただけるよう細心の注意を払っています。
なお、治療後に用いる詰めもの、被せものについては、患者様にご説明した後に一緒に選びます。

歯周病治療

歯周病は、実は多くの方がかかっている病気です。初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気づかれるケースが大半です。虫歯治療を行う前に歯石を除去し、マッサージをかねたブラッシングを行い歯ぐきからの出血を減らします。

本当は恐い歯周病

小児歯科

医院によっては、嫌がる子供を拘束して治療を進めたりすることもあります。
これも1つの治療法ではあります。どうしても治療をしなければならない状態になっている場合は仕方がないのかもしれません。

しかし、当院ではそのような治療体制はとっておりません。
お子さんも1人の人格を持った人間です。
ムリムリ治療をすれば嫌に決まっていますし、
その時の思いが残り続け、歯医者嫌いになってしまっては
本末転倒です。詳しくは予防歯科を
ご覧いただきたいのですが、毎日の歯磨きだけでは、
虫歯・歯周病を予防することはできません。
毎日の歯磨きと、定期的な歯科医院でのクリーニング
を行う事ではじめて予防が確立します。

つまり、歯医者嫌いになってしまうと歯を守るための両輪の1つが抜けてしまうので、将来的に虫歯・歯周病で歯を失う可能性は大きくなってしまうのです。

お子様でも、しっかりコミュニケーションをとることで、理解を示してくれ治療に協力してくれるようになるものです。

予防歯科

虫歯を削り、金属の詰め物・かぶせ物をすれば、何だか以前よりも歯が強くなった感じがしますよね。

しかし、残念ながら、歯は削れば削るほど弱くなっていきます。

言い換えると、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなります。
せっかく治療した歯なのだから長く、快適に活用したいですよね!
そのためには、定期的(3カ月~6カ月毎)に歯科医院でのメインテナンスが非常に効果的です。

なぜ予防歯科は必要か?

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。
小さなお子様であれば、虫歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。

上の図からお分かりのように、欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ、」という考えです。結果、グラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

レーザー治療

レーザー治療は、外科・脳外科・形成外科・耳鼻咽喉科・眼科・産婦人科・皮膚科などさまざまな医療分野で早くから使用されています。

近年、歯科医療の分野においてもレーザー治療が取り入れられるようになりました。来院される皆様に安心して、より質の高い治療を受けていただけるよう、ほりべ歯科クリニックでは開院当初からレーザー治療器による治療を行っています。

歯科でも様々なレーザー治療器がありますが、おゆみ野駅前歯科では 炭酸ガスレーザーを使った治療を行っています。
レーザーは光のエネルギーが熱エネルギーに変わります。レーザーの種類によっては熱エネルギーが組織の深部・歯の内部まで届いてしまい、思わぬ副作用が出る場合があります(周囲に熱影響を残してしまう恐れがあります)。しかし…

炭酸ガスレーザーは99%以上水分に吸収されます。痛みのある部位(炎症を起こしている部位)は水分が多いです。ということは、炭酸ガスレーザーは炎症部位だけに作用し、そこでほとんど吸収されて、他の部位に熱影響を及ぼす可能性がほとんどありません。妊娠中の方や、高血圧の方、心臓疾患でワーファリンを服用されている方、人工透析されている方でも安心して治療を受けていただくことができます。

おゆみ野駅前歯科の使用する炭酸ガスレーザーは体にやさしいレーザーなのです。

1. 歯グキのハレ

従来なら、麻酔をしてメスで歯グキを切ってウミを出していました。
レーザーを使えばほとんどの場合、麻酔・メスは不要です。

2. 歯を抜いた後

出血をおさえ、ハレを少なくし、傷口の治りを早くします。

3. 口内炎

レーザーで痛みを瞬時に和らげることができます。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

4. 歯グキの黒ずみ

メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。こんな時もレーザーはこの黒ずみを極めて短時間で除去します。数日後には元のキレイなピンク色の歯グキに生まれ変わります。

5. 知覚過敏

虫歯ではないのに冷たいもの・甘いものがしみる場合、レーザーで痛みを瞬時に和らげることができます。神経を保護する役割もあります。

6. 虫歯予防

歯の表面を消毒・殺菌します。歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。

他にもいろいろな治療に応用できます。お問合せください

義歯入れ歯

歯を失った部位に人工の歯を入れ、噛む機能を回復させる方法です。容易に取り外しができ、多くの方が治療法として選択します。
一部の欠損を補う「部分入れ歯」と全部の歯を補う「総入れ歯」があります。
また、入れ歯には保険が適応されるタイプと適応でないタイプがあります。

保険適応の入れ歯

部分入れ歯

止め具に金属が使われ、歯ぐきにあたる床の部分にはプラスチックが使われています。プラスチックなので厚みがあり、止め具が金属のため見た目があまり良くありません。

総入れ歯

部分入れ歯と同じように全体がプラスチックでできた入れ歯です。こちらもプラスチックなので厚みがあり、違和感や異物感が大きくなります。また、プラスチック素材のため長く使うと壊れたり、割れたりします。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

歯ぐきの部分の床に金属(コバルトクロム、チタン)を用いた入れ歯です。プラスチックよりも薄いため違和感が少なく、金属による熱伝導性が良い入れ歯です。自費診療では最もポピュラ-なものです。

※ 費用はお問い合わせください

審美歯科

審美歯科とは、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療です。歯には機能(おいしく食べられる)と、審美(きれいな歯並び、美しい歯)がありますが、その両方に焦点を当てて治療を行います。

歯の着色、隙間、大きな銀歯など口元の印象をランクダウンさせる部分をきれいに改善します。

保険が適用されないので治療費は安くありませんが、治療後に口元の印象を変えることによってお値段以上の満足が手に入るでしょう。

メタルフリー

日本においては、ほとんど全ての歯科治療を保険で受けることができます。
しかし、保険診療では治療に用いることができる歯科素材に制限があり、虫歯治療においてはほとんどのケースで金属が用いられます。

保険診療は患者様への費用負担が少なくてすむというメリットがありますが、金属を用いることが多いため、患者様の肉体的・精神的な負担という点において多くのデメリットが報告されているのも事実です。そのようなデメリットを避け、患者様の肉体への負担をできるだけ軽減できる治療法として、当院ではメタルフリー治療をおすすめしています。

肉体的な負担:金属アレルギー

金属を使用することの最も大きなデメリットは、金属アレルギーを引き起こす可能性があるということです。
保険で使用が認められている金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金の方が発症のリスクは高いのですが、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどでもアレルギーが起こる可能性が全くないというわけではありません。
金属アレルギーがご心配な方は、非金属素材を用いる治療を受けられることをおすすめしております。

歯に詰めたり被せたりした金属は、時間が経つとお口の中でさび、金属イオンが溶け出します。体内に入った金属イオンに対して免疫反応が起こると、アレルギー症状が現れます。

歯科素材によるアレルギーについて

最近では金属にアレルギーでお悩みの方が増えております。歯科材料によるアレルギーなどは必ず口腔内に症状が出るわけではありません。
アレルギーが出ている場合でも気がつかな方も多数いらっしゃいます。
アレルギーの原因が金属物質であると疑われる場合は、それらを貴金属・チタン金属・セラミックなど、素材をより安全なものに置き換える必要があります。歯科材料には様々なタイプがございます。疑問に思われたらご相談することをお勧めします。
さらに、詰め物や被せ物にする場合、安全性の確認された素材を選ぶことも歯科治療の上では非常に大事な要素となります。
あわせて経過観察がとても大切です。改善後も定期的に歯科医院でのアレルギー診断を受診することをおすすめいたします。

口腔外科 (インプラント)

当院の、インプラント手術における考え方

今や、どの歯科医院でもインプラントの看板を掲げていますので、インプラント手術を受けることは簡単です。しかし、患者様が満足できる治療をしてくれる歯科医院を探すのは難しいのではないでしょうか?

「満足」と一言で言っても、「安ければよい」という人もいれば「安心・確実」な治療をして欲しいという人もいらっしゃいます。費用面に関しての情報はホームページや医院に問い合わせればわかる部分ですが、安心・確実に関しての情報は、一般の患者様には判断することはなかなか難しいかと思います。そこで、その医院が「どのような思い」で治療を行っているかを知ることがあなたに適した歯科医院を探す1つの指針になると考えます。

インプラント治療は歯のない部分に人工の歯根を埋める方法です。入れ歯のように取り外しをする必要がなく、違和感、異物感、痛みなどはありません。入れ歯を止めるような止め具はなく、支台の歯を傷つけることもありません。根っこがあるため自分の歯と同じように噛め、見た目も自然です。メインテナンスをしっかり行うことで何十年も使うことができます。

アーマーバイト

集中力を向上させることが、仕事、勉強、スポーツなどのあらゆる成功の道につながる鍵となる。

「アーマーバイト」は、集中力の持続・向上をサポートし、人間が本来持つ潜在能力を引きだす全く新しいコンセプトのパフォーマンス・マウスウェアです。「アーマーバイト」は、米国屈指の医学校「ジョンズ・ホプキンス大学」やサウスカロライナ州にある米軍の大学「ザ・シタデル」他などで、15年におよぶストレスコントロールの研究により開発をされ、数多くの米国の特許および国際特許を取得しています。「アーマーバイト」の高い品質と信頼性は、世界中のプロフェッショナルおよびアマチュアのトップアスリートやワーカーが愛用していることからも証明されています。

真の力を解き放つ鍵 それは「顎」にある

「顎」があなたのパフォーマンス向上を助けてくれる。

人類は、昔から「食べ物以外のものを噛む」ことを行ってきました。

古代ギリシャのスポーツ競技者、ローマ帝国の戦士、そして北欧のバイキング…。彼らは、競技中、あるいは戦闘中に革の紐を噛み戦いに臨んでいました。

つまり、「革を噛む」という行為に、何らかの効果や効能があることをそれらの経験から知っていたのです。

しかし「噛む行為」と「身体的なパフォーマンスの向上」の因果関係が一つのコンセプトとして追求されることはこれまではありませんでした。

アーマーバイト・マウスウェアがあなたの潜在的な力を解き放つ

人間の身体に備わっている本来の力は、「歯」を食いしばるという自然な生理反応により抑制されています。

しかし、歯にフィットする安全設計のアーマーバイトを装着すれば、身体の中に潜んでいる本来の力が解き放たれ、ゴルフ、野球、サッカー、アメリカン・フットボール、テニス、バレーボールなど、あらゆるスポーツでより強く、より速く、そしてより良いパフォーマンスが発揮できるようになります。

アーマーバイト・マウスウェアのアーマーバイト・テクノロジーは、身体の保護を必要とするコンタクトスポーツはもちろん、ノンコンタクトスポーツも含めるすべてのアスリートのパフォーマンスを極限まで高めます。

アーマーバイト・マウスウェア・コレクション

健康なカラダをつくりたい人、スポーツを楽しみたい人、そしてアスリートまで

すべての人々にパフォーマンス・ソリューションを

特許技術と検証結果が証明するマウスウェアのメリット

アーマーバイトは、アスリートはもちろん、日常的にスポーツを楽しみたいと考えている人、健康なカラダをつくりたい人など、すべての人々にパフォーマンス・ソリューションを提供します。

そして、完全にフィットするように設計された「アーマーバイト」は、本来のマウスピースの役割でもある保護機能をハイレベルでご提供します。

アーマーバイトの2種類のコレクション

ノンコンタクトスポーツ用パフォーマンス・マウスウェアであるARMORBITE®は、ハードなトレーニングや高いレベルでのプレーに挑戦するとき、あなたの潜在的な集中力とパフォーマンスの引出し、健康的な身体をつくるために、多くのメリットを提供します。

■対象アクテビティ&スポーツ
仕事、勉強、創作活動、楽器演奏、ゴルフ、野球、サッカー、ランニング、サイクリング、水泳、ヨガ、ピラティス、テニス、バスケットボール、体操、バレーボール、ソフトボール、ウェイトリフティング、ハンドボール、スケート、サーフィンなど

コンタクトスポーツ用パフォーマンス・マウスウェアARMORBITE®GUARDは、パフォーマンス・マウスウェアにおけるメリットに加え、高い保護機能も提供します。

■ 対象アクテビティ&スポーツ
仕事、アメリカン・フットボール、アイスホッケー、ボクシング、空手、柔道、剣道、レスリング、スキー、スノーボード、ラクロス、ラグビー、テコンドー、ムエタイなど

ご希望のタイプが決まったら、次の3ステップでご購入いただけます

1.印象(歯の型をとること)をとり、歯の模型を作ります。

2.ADIテクノロジーセンターへ歯の模型を送り、お客様専用のアーマーバイトを作製します。

3.できあがったアーマーバイトを装着し、仕上げの調整を行い、完成です。

どのように働くのか?

クレンチング(歯をくいしばること)を抑え、

自分自身をより優れたアスリートへと進化させよ

「クレンチング」があなたの真の力の発揮を妨げている。

人がトレーニングやプレイの最中に歯をくいしばる行為。それはストレスにさらされた時に起こる「攻撃・逃避反応」の一部であり、交感神経の働きによるものです。

しかし、歯のくいしばりによる顎関節の圧迫は、身体に過度の緊張や不安感を与え、ストレスや疲労、注意力散漫、集中力の阻害などの原因となり、それがパフォーマンスの低下につながります。

アーマーバイト・マウスウェアは、歯を食いしばることによって起こる顎関節への圧迫を防ぐことにより、身体をリラックスした状態に保つことができ、人間が本来持っている真の力を発揮できるよう導いてくれるのです。

アーマーバイト・マウスウェア発祥地のアメリカにおいても、その点に着目した多くのアスリート達がこのマウスウェアを装着しています。

また、マウスウェアには生体親和性と安全性に配慮した素材が使用されていますので、安心してお使いいただけます。

どんな効果があるのか?

JAW-DROPPING PERFORMANCE.

Powered by ArmourBite® Mouthwear Technology

「緊張」の緩和

身体をリラックスした状態に保つことで、人間が本来持っている筋力、持久力、瞬発力、そして柔軟性を十二分に発揮させることができます。

「酸素の吸入量」の向上

顎顎関節への圧迫を防ぐことにより、口を閉じた場合に比べ通気量がアップし、

酸素の摂取量も増加します。

よくある質問

アーマーバイト・マウスウェアは他のマウスガードとどう違うのですか?

通常、マウスガードは口腔内の保護のために使われます。

アーマーバイト・テクノロジーによるマウスガードとマウスピースは、保護だけではなくアスリートのパフォーマンスを進化させる機能がプラスされているのです。

既に、アーマーバイト・マウスウェアは、その違いから、さまざまなスポーツ分野で活躍するプロのアスリートから支持されています。

アーマーバイト・マウスウェアの使用に適した人とはどんな人ですか?

多くのプロフェッショナルアスリートがアーマーバイト・マウスウェアの卓越した機能と優れた保護力に絶大な信頼を寄せています。

しかし、アーマーバイトは、プロフェッショナルアスリートのためだけのものではありません。アーマーバイト・マウスウェアはあらゆるスポーツやトレーニングにおいてパフォーマンスを向上させたいと願う全ての人のためのものです。

自分に最適なマウスウェアを選ぶにはどうしたらいいですか?

アーマーバイト・マウスウェアは、サッカー、ランニング、野球、ゴルフ、テニス、トレーニングなどの非接触型(ノンコンタクト)スポーツに適しています。

このように、主にスポーツで着用をしたいときには、その競技の接触の有無から選択されることをおすすめします。

アーマーバイト・マウスウェア・ガードは、パフォーマンス向上をもたらす多くのメリットに加えて優れた保護機能をご提供しますので、アメリカン・フットボールやホッケー、ラクロスなどの接触型(コンタクト)スポーツに最適です。

オーダーしてからどのくらいの期間で届きますか?

歯の印象(歯の型をとること)をとってから、約2週間で届きます。

当医院では、最新鋭CTスキャンを導入しております

当医院では、最新鋭歯科用CTを導入しています。

従来のレントゲン画像は平面像(二次元)でしたが、歯科用CT画像は立体画像(三次元)で表すことが可能です。周病の現状や歯の根っこの形態、骨の状態など、お口の中をより細部まで、正確に診断することができます。

画像は、診療室に備え付けられたモニターに映し出し、患者さまにもご確認いただいています。

また、歯科用CTは、医科用のCTとは異なり、歯科用にカスタマイズされたもので、放射線量は10分の1以下になっております。これは、飛行機でニューヨークを往復した場合よりも少ない線量で、さらに防護エプロンを装着していただくため極めて安全です。どうかご安心ください。より詳しい診断をご希望される方は、お気軽にスタッフまでお申し付けください。